広島平和活動 HPS 国際ボランティア ブログ

我々の活動を、できる限り報告していきたいと考えております。
<< 今日は久し振りに平和学習にきている子供達に触れてみました。 | TOP | 平和学習に来る生徒たちで平和公園花盛り >>
おはようございます。期待と希望に胸の踊るような喜びの中で
0
    令和を迎え心引き締めて。
    31年間の平和活動にをとうして今改めて感謝してます。
    思い起こせば48才で平和公園に母の遺言を守るために立ちはしたものの、何をする事も思い付かず、当時開催されていた、「広島市民平和の集い」「平和音楽祭」の手伝いしか思い付きませんでした。

    被爆者として、ヒロシマ人として、なにができるか考えつかない、とにかく、必死で双方のイベントのお手伝いをしました。
    2年後双方のイベントが無くなるそこでおこがましくも、「広島市民平和の集いを継承、課題曲を制作、これは1年がかり、1991年、9月、中国新聞7階のホールで第一回目の広島市民平和の集い、開催、昨年第30回を開催しました。
    振り返ればお手伝いを始め、34年間よくもぶれないで平和活動を続けてきたものだと我ながら感心する。

    考えると母の言葉を噛み締めながら、母の魂と二人三脚出来たからでしょう。祈る平和から、創る平和へ、育てる平和、今15校の校長先生の理解ご協力を頂き子供達は作成する「メッセージ集」令和元年5月に完成します。若い力が結集して作制された本は私は一万五千冊出版し、日本列島から広島に平和学習に来る、五千校の学校の図書館へ2冊ずつ配布します。
    後2千冊は今まで道理、広島市内、廿日市市、府中町に配布。残りは国際交流と制作に関わった先生、生徒80才をや関係者の方々に、その他色々考えてます。
    80才を越えてこんなに多くの人に愛され支えられ仕事ができる幸せを噛み締めています。感謝
    これから世界へ大きくはだたいて呉れることを期待します。
    | - | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hps.cx/trackback/866819
    トラックバック