広島平和活動 HPS 国際ボランティア ブログ

我々の活動を、できる限り報告していきたいと考えております。
<< 忙しすぎて神経を使ったのか久し振りに病院へ | TOP | 胃腸を悪くして一日休養にします。 >>
朝の目覚めに
0
    今朝息子の行ってきますの声に目が覚めた。胃腸お腹全体が痛く背中まで痛いどうしたのだろう、不安がつのり寝たかどうかうつつのなかで一夜を過ごした。目が覚めると胃もお腹も痛い、押さえれば「しこり」さえ感じる、起きて部屋から出ると、嫁さんがお母さん、お粥を炊きましたと言う、ありがとうと言ったものの家族愛とは有り難い。
    同居生活で自分の部屋は本間の六畳ひと間だが最高の幸せも者だと改めて感謝の気持ちが沸き上がる。
    私は元気なときは朝食を自分で昼は外食、夜は嫁さんの作る夕食を、かぞく4人で食べる、おふお風呂は最後、洗濯物はしていの籠に入れるときちんとたたまれ、別途の上に置かれてる。家族にこれといってしてあげる分けではなく、起きれば飛び出し夕飯前に帰る。買い物一つしてやれない、こんな私を黙って支えてくれる、息子夫婦は今時珍しい親孝行 者ですね。
    これは私が母の遺言を守りたいと平和公園に30年立ち続けボランテーアをしていることを承知で支えてくれてるのですね。
    きっと天国の母がさせてくれてるのでしょうか。
    今時同居を嫌うお嫁さんが多いいと聴くなかで本当に幸福者です。
    今まで家族の事をこんなに話たことは有りませんが、私がnボランテーア出来るのは第一に家族だったことに気がつきました。

    此れからは家族のための時間も作るよう自分を見つめ直せた胃痛でした。

    体調をこわした事も私の勝手気儘な生活への忠告。支えてくれる家族への感謝の気持ちを知らせて下さったのですね。
    | - | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hps.cx/trackback/866790
    トラックバック