広島平和活動 HPS 国際ボランティア ブログ

我々の活動を、できる限り報告していきたいと考えております。最終的には、本ホームページhttp://hps.cx とリンクさせたいと考えてます。
<< 今日は鼻唄が飛び出してくる | TOP | お天気が悪い日が続きますね >>
新しき心の旅立ち
0
    私は今年80才を迎えました。
    物心ついてから母のこっとが大好きでした。6才の時初めてのお使いをしたとき戦時中で旅館はどこも兵隊さんで忙がしく、母にひろえと大きな声で呼ばれ、お前組合がわかるでしょう。うーんと返事をすると、荷車に大きなバケツを2つ積んでおじさんに電話してあるからもらってきて、いいかい、お前はうちの代表で行くのだからねちゃんと挨拶をして長木屋旅館からきました、そしたら積んでくれるから、おれいをいって帰るのよ。帰りは絶対走らないでね。わたしは胸を踊らせて行きました。ちゃんと挨拶ができておじさんにおーお利口だねと頭を撫でられるともう嬉くって日車を押しながら走って帰りました、早くお母さんに知らせたい。元気よく只今と言うと、台所から母が出てきた、バケツの中を覗いてこら、お前は知ったでしょう。わたしは不思議で、何でわかるんと聞くとバケツの中の御豆腐が砕けてぷかぷか浮いていた。
    私は叩かれるととっさにしゃがみこんだ、しかし母はご苦労さん大きなざるに、白いぬのを引いてバサッ、バサとバケツを移した。もういいよ明日んでおいで、夕食時間恐る恐る帰ると母はニコニコ笑いながらごくろうさん、お前のおかげで助かったよ、訳を聞くとほうれん草と和え物にしたと言う、兵隊さんのおかずは、何品川と決められていてたすかcつたよ。
    お前は立派にやくにたったのよ。
    この感激は今も真新しく脳裏によみがえる。
    母信仰は今だ変わらない。
    | - | 15:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hps.cx/trackback/866691
    トラックバック