広島平和活動 HPS 国際ボランティア ブログ

我々の活動を、できる限り報告していきたいと考えております。最終的には、本ホームページhttp://hps.cx とリンクさせたいと考えてます。
<< 今日はクリーンキャンペンでした。 | TOP | 今日教育委員会に行き本の納品日を決めました。 >>
やっと落ち着きました
0

    今日から平和公園のガイドをしてみましょう。

     

    私は大病をする前は平和公園の碑めぐりガイド、修学旅行生にホテル等に出向

    いて、体験記を話していました、3年間の闘病生活で今はとてもガイドなど

    出来ませんが、後援はぼつぼつ話してみたいと思います。


    最初に原爆ドームから話しましょうか。

    原爆ドームは今から102年前大正時代『産業奨励館」としてチェコ出身の

    「ヤンレツッル」建築士によって設計され、レンガ作り一部石作り、

    ヨーロッパ風のとてもモダンな建物でした。県の産業物の流通や美術館の役割、

    また円形の部分にはダンスホールなど、この建物だけを見物に来る人もいたと

    言われて言いました、昭和19年戦争が>激しくなり、貸事務所になり材木省、

    建設省、省の人達が約120人余り働いていたと言われ祖も方たちは全滅です
    この建物は爆心地ほぼ中心だった為、今の形を残しました、

    本当の爆心地はどームから南東約100メートル島病院の上空と言われています。
    上空約1万メートル肩落とされた原子爆弾「リトルボーイ」はち密な計算の上空

    約600メートルの所で300メートルの火の玉となって炸裂しました。
    中心部は太陽の熱に等しくおおよそ6000度にも及び地上に降り注いだ熱は

    約3000度から4000度と言われています。

     

    鉄が溶け始めるのがおよそ1600度からと言われています、

    それが降り注ぐとビルからは火柱が立ち家は燃えあがり,人間は溶かされたり

    大やけど,草木まで,そして爆風は秒速440メートル、ビルのガラスが粉々に、

    人間はバラバラに手足はちぎれ、目玉は飛び出し、内臓が破裂そして風圧は

    1平方メートル35トン押す力と引く力が瞬時に重なり悪の恐ろしいキノコ

    雲を作り30キロ西北に黒い雨を降らせ、原爆ドームを中心に半径2キロは

    死の町と化し14万人もの尊い命を奪いました。

    詳しく言えばきりがありませんから
    大まかに続きわまた明日、これは私のおさらいです。

     

     

     

     

     

     

     

    | 平和 | 20:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hps.cx/trackback/866501
    トラックバック