広島平和活動 HPS 国際ボランティア ブログ

我々の活動を、できる限り報告していきたいと考えております。
コロナウイルスででてんやわんやでご無沙汰
0

    コロナウイルスでだ困難を生じてるのは本当に地球上全体のことなのに自分が不住してると勘違いして怠けていた気がします。

    「ヒロシマの心3」の政策を決め12月に一斉にお願いし3月末締めで原稿の締め切りをお願いしました。

    2月この度コロナウイルスですべてのことが順調にいかなくなり、今年は被爆75年という節目の年、今までより

    幅広い方面に呼びかけました。しかし会うこともミーティングも、できないすべて電話とメール、ライン、郵便

    困難を極める、私わ病気入院、編集長をしてくれる孫は原因不明で倒れる、病院を転々として1月発病最終的に岡山大学病院入院やっと血管炎という結果になり現在ステロイド治療が始まり何とか痛み、発熱が収まったところです。

    しかし学校は卒入式もできない状態の中時間延長を申し出られ5月末日にして所全員から原稿が寄せられました。

    この度は小学校3項を始め中、高、大、市長様県知事様、幅広く平和活動家留学生、国際交流、本当に念願通り、

    世代を超え国籍を超え業種へ平和を希求する、まさに人間愛あふれる方々から投稿を頂き熱い感涙を流しました。

    私の3ヶ月の不安や迷いは何だったのだろう。もっとやることやるべきことがあったと反省させられました。

    このうえは寄せられた原稿を病の孫と仲間と力を合わせ被爆75年記録に残る「ヒロシマの心3」出版、広島市

    広島県全土小中高、公民館、図書館に配布出来る様に、そして国内外を問わず全国で読まれるようにHPS国際ボランティアのホームページに掲載します。それがヒロシマ人としてまた被爆者として平和活動家の一人としての私の使命と責任と思います、

    そして秋10月15日予定している、本の出版、配布記念。学生による国際慰霊式典。広島市民平和の集い第32回。

    3つの行事を例年通り実現出来る様全力で努力精進してまいります。

    規模は行政の指導に任せて被爆75年こそ羽ばたく平和の第一歩として、若い世代の産声を大空高くこだまさせたい。

     

    | 平和 | 10:49 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
    いよいよ24日私も孫も退院がきまs利ました久しぶりに私は自宅へ
    0

      孫は岡山大学日x党員へ検査入院が決まりました。

      手足のはれや湿疹は広島市民病院で幹部を採取して検査してくださってます。

      3週間後に多分結果がわかるはずです。

      それが待ち遠しい本当に最初岡山病院。市民病院広島大学病院、広島脳外科そして内科病院3月で5件、

      の病院へ転々と回され病名がわからずお医者さんが数人相談の末やっと岡山大学病院にて検査が決まり、

      ほんの少し気持ちが落ち着いたところです。

      この文明、進化発展の今原因の不明な病にかかることは。心身はもとより、診察、検査、思わぬ出費に

      ただ驚いて居ます・

      私たちは被爆者で本当に様々な病気をこの7年か3年近く入院生活をしましたが金銭の苦労はありませんでした。

      そこで私麻本当に恵まれてることに改めて感謝しました。

      もっともっと被爆者として、広島人としてヒロシマの使命と責任を果たせる活動をしなければと閑雅へさせられました。

      孫も」ベット生活私も小名木ところに身を置きながら二人で被爆75年新しい歴史の1ページになるような仕事がしたいと

      「ヒロシマの心3」の政策に情熱を燃やしています。

      手足が力なくても動くパソコンが使えることに感謝して。笑顔で頑張っていく覚悟でいます。

      病に負けずキット力合わせた戦い本当の笑顔になれる日を迎えるためにガンバ、ガンバしていきます。

       

      言い訳になりますが多忙のところ、誤字誤りが多いいと思いますがお許しください

      | 平和 | 20:54 | comments(0) | - | - | - | ↑PAGE TOP
      今の心境
      0

        長いこと本当に不規則になり、少したるんでいました。

        やりたいことが多すぎて帰るとコトン、

        あんなにブログを書くことが楽しみだったのに、

        仕事に追われていつの間にか1週間も書かなくても平気になってしきいました。

         

        オーストラリアの森本順子先生が亡くなられてから

        ブログを読んでもらえる張りがなくなり気が抜けていました。

        もう1年になりますが、順子先生が亡くなられたことで

        心にぽっかり穴が開いた状態です。

        しかし仕事だけは母や順子先生に喜んでもらえるような、

        そんな仕事がしたい、私しかできないことがきっとある、

        それを模索しながら今夢中でになってない頭をひねりながら挑戦しています。

         

        私は今誰も試みたことのない新しい「ヒロシマの心」

        継続継承の道を模索し行動を開始しました。

        来年、新しい時代の夜明けとして皆様に報告できるよう挑戦中です。

        それをやりきることができれば、私が一人立ちできる夜明けにもなる、

        そう信じて今はガンバっています。

        パソコンに向かい合う時間は限られていても、今は前進あるのみです。

        順子先生の他、私を見守ってくださる皆様方にも認めていただける、

        そんな被爆者の一人になりたいと思っております。

        どうぞよろしくお願いいたします。

        | 平和 | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        物事に奇跡と言う事があるのですね
        0

          私はこの度奇跡という言葉を信じる出来事が多々起こりました。

          平日の学生や生徒さんを平和公園の整地に集合して世代を超え平和への思いを

          共有する〈広島市民平和の集い」を開催したいと念じ、実行に移しました。

          初めはとても困難なことでどの学校も予定が年度の最初に決まっていて、

          急に10月15日月曜日、参加のお願いをしても聞き入れたもらえず、

          玄関払いを何校もされました。

          しかし川内小学校の山田校長先生が私達は同志だと立ちあがって下さったのを

          きっかけに他校の先生のご理解を頂き約600人の生徒さんを「10月15日

          月曜日」平和公園フェニックスホールに参集していただけました。

          「30回広島市民平和の集い」、及び「ヒロシマの心」

          出版記念を学生主体で開催する事が出来ました。。

          月曜日と言う事業日に、被爆者として一人の平和活動家の意思を受け入れて下さっ

          た幾校の先生生徒さんに言葉に尽くせぬ感謝の気持ちでいっぱいです。

          後は一般の方々に広く呼び掛け参集、ご声援を頂きたくここにお願いする次第です。

          私の30年に及ぶ悲願がかなえられる奇跡のイベントです。

          どうぞご声援宜しくお願いします。

           

          | 平和 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          お早うございます
          0

            イベントの打ち合わせがたけなわ、

            出演者の順番、時間の割り振り、席の順番、最終人数の確認、後1週間で決め、残りの席のチケットの販売を

            約20日間でしなければならない、生徒の父兄の応援の人数が決まらないと、販売に取り掛かれない。。

            でも何が何でも自分で聞けたことやるしかないと言い聞かせながら毎日走り続けています。

            80歳の記念、平和の集い30年記念何が何でも成功させたい。決まり文句のガンバ、ガンバです。

            苦労しただけ喜びが倍増する事を信じて:::

            | 平和 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            お早うございます
            0

              突然襲う病に心痛めて

              身内に災難が襲うと本当に心が痛むものですね。

              長男の嫁が急に膵炎、ものを食べれば、自分の内臓をと化すとか。

              1ケ月絶食で点滴と言われ21日記念病院へ入院しました。

              3歳の子どもを長男と私で見て行くことになりました。

              しかし食べ物が口から1ケ月も出来ない嫁の方が心配でなりません。

              一人掛けると本当にリズムが狂う物ですね。

              ありがたみが良く分かります。

              しかし回復を祈りながら、主婦の役割をしてみます。

               

              | 平和 | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              私の新プロジェクトは着実に前に進んでいます。
              0

                山登りに例えればいま、3合目あたりでしょうか、もうすぐ中間地点、

                でも前途は、冒険心と希望に満ちています。

                一歩一歩踏みしめながら当たりの景色が見えてくる様です。

                支えて下さる同志のお顔や、これから出会う新たな方々の事を想像しながら、

                私の思いが、声がどこまで届ける事が出来るか、不安もありますが夢や希望が

                励ましてくれるような心境です。

                10月15日を成功の日を大空いっぱいに描きながら新山に挑む心は弾みます。

                新しい道に勇気と冒険心を持って歩ける環境に感謝しながら:::

                今日も一日前、晴れ渡たった大空から母の号令が聞こえてきます。

                幾つになっても乳離れしない私、でも本当に幸せです。

                命を頂いたお母さんを尊敬できる喜びに勝るものはないと信じるから:::

                | 平和 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                最大の被害に胸を痛めたます
                0

                  本当にひどいことになるものですね。

                  天災は防ぎようのないこととはいえ、テレビで見ているだけでも脅威に

                  身が震えます。

                  私の知人や友人まで被害に会い、命が助かっただけでも、幸せ

                  そんな言葉を聴くとその通り戸は思って見ても、米寿を迎えるご夫婦が

                  やっと2日前で息が付いた、電話も機能つながった、家に流れ込んだ土砂も

                  手の着けようがない、友人の一人が電話でボランティアの人が来るまで待つよう

                  勧めたが、いくら心配しても道路が寸断、見舞いに行くすべもない、

                   

                  命を頂いたことを喜びエールを送るしかない。

                  届かぬまでも犠牲者に祈りを捧げ、被災された方々にエールを送るしかできない。

                  耐え抜いて下さい。今は行政も、ボランティアモ頼りになる時代ですから、

                   

                  いくら心を痛めても、私は私のやりかけたイベントだけは成功させなければならない、

                  使命と責任がある、こんな時にと言われても、ただ前を見いて進むしかない。

                  多田、ガンバ、ガンバと自分に言い聞かして:::

                   

                   

                  | 平和 | 06:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  お早うさんです
                  0

                    月にのたつのは早いものと言いますが、本当に早いものですね。

                    何時からこんなに感じるようになったのでしょう。

                    きっと年のせいかも?

                    あれこれとやることが多く、体も、頭も思うようにならないから、仕事に追われる

                    毎日をお来るのでしょうね。

                     

                    頭が敏感に回らなくっても、体が重たくなっても、やらねばならぬ事がある

                    いいややりたいことが山ほどある

                    だから追われる毎日の中でも、子供たちの力になりたい、5月の13日には[本の

                    あらかじめの編集が終わり、構成の段階に入ります。

                    5月の20日までに完成させ、25日には印刷会社にデータ―を搬入、1週間で

                    構成が出来、了解すれば615日までには完成、教育委員会へ,各く学校への

                    配布は6月末か、7月初め、平和学習に間に合う夏休み前には配布済みの予定

                    きっと毎年の事なので予定どうり行きそうです。

                     

                    しかし出版記念をどうしたらいいか頭が痛いところです、

                    今年は私が始めた広島市民平和の集いも30年になります、

                    それと合わせてやることも、慰霊一輪献花も15年1万5千本達成の年でもあり

                    また本の出版も10周年に、様々な行事が重なり頭を▽□にして頭をひねって

                    一番いい方法を考えています。」

                     

                    継続は力なりと言いますが節目が重なるとこれも大変

                    しかし良くもまあぶれずに思いのままに突き進んできたと・・・

                    自分をほめたり、あきれたり

                    | 平和 | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    展覧会も半分過ぎました。
                    0

                      展示は無事済んでも11日間の会場の受付、案内にと気使っていましたが、

                      何とか無事に半分済みました。

                      当番のスタッフが本当に気配りして努めてくれていて安堵しています。

                      支えられる喜びと来館して下さる皆さんに感謝しながら毎日会場を見守っています。

                       

                      人は一人では何もできないが行動を起こせば同志が集まり支えて下さるのですね。

                      私はいつもわがままを通し未知の世界を歩いていますが、振り返ると沢山の方々に

                      支えられているのですね。感謝、感謝、感謝あふれ出るほど

                      感謝の気持ちでいっぱいです。人間に生まれた喜びを身体前進で感じてます。

                       

                       

                      | 平和 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                      • 1/135PAGES
                      • >>