広島平和活動 HPS 国際ボランティア ブログ

我々の活動を、できる限り報告していきたいと考えております。最終的には、本ホームページhttp://hps.cx とリンクさせたいと考えてます。
今日は記念病院
0
    今日は記念病院で検査です。何事も有りませんように
    病院と言うのはだれてもいい気分ではありませんね。
    先生を始め看護師、受け付けの人皆さんに親切にされ、私はラッキー
    守護されてると改めた思うと同時にやはり命は頂きものだとも思う
    沢山の人が順番待っている人の、中に付き添いがついた人や、ベットに乗せられた意識のない患者を見ると、目をそらしていまう。
    気の毒に思う気持ちになる。私は何度も入退院しながら、元気にしていただいたことに改めて感謝する。
    改めてこの命何のために使う。この言葉が聞こえてくる。
    大恩ある芳村思風先生の言葉です。
    | - | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    今日パスポート受けとりました。
    0
      思いきってオーストラリアいった来ます。森本淳子先生は私にとって本当に大切なひとです。平和活動を続ける為には、意識があるうちに話し合っておきたいことがあり、見舞いかたがた話し合いをしてきます。明日は記念病院で検査を受けます。18日は市民病院で心臓の検査をしてもらいます。
      それで異常がなければ保険に入ば安心して旅立つことができます。
      とにかく万全を尽くして旅先で事故がおきないよう萬膳祖注意をしています。期間はできれば20日ぐらいの予定です。
      海外で電話がつながらないと困るのでその手続きをしました。
      | - | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
      今日クリーンキャンペーン無事に終わりました。
      0
        お盆と言うのに時間をつくって来てくださったことに感謝。
        ごみもことのほか沢山あり参加した意義があったと始めての参加者が喜んでくれました。
        継続することが意義深いと思います。
        第二日曜日決めた以上はたとえ少人数でも続けて行きたい。
        | - | 18:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
        お盆に考えさせられる
        0
          その内1人は赤の他人血の繋がりが全くないのに親子三代に和田って私を大事ににてくれた。
          先ず先代の里田寅吉お爺さん、戦前の家の隣にすんでいて私が物心ついた頃から可愛がってくれた。私を肩車して毎朝新天地にパンを会に行のが日課だった。ハワイ帰りのハイからさんとの近所では言われたいた。わたしはほとんどそこで一日をすごし因るも私の布団や枕、寝巻き迄一揃い用意されていた家は旅館で忙しいためだと言うが、弟や妹は全預かることなく私だけを家族全員で可愛がったくれた。私が小学校に入ると、父の実家に縁故疎開、その一家は飛渡瀬に別々になった。その後原爆で私達は浅原へ会えなくなった暫くして寅吉お爺さんがなくなった。廣枝、ひろえとと呼びながら亡くなった。遺言で私の嫁入りにタンスを一揃い買ってやってくれと言い残したと言うそこで私の枕を棺桶に一緒にいてたと聞かされた。そのおばあさんが今度は可愛がり娘さんは学校の先生だった。夏休、冬休みに私を迎えに来てつれた帰り1週間ばかりでまた送ってくれる。昔はなんとも思わず迎えにこられると喜んでついていった。
          その経路もはっきり覚えてる。浅原からバスで廿日市迄廿日市から郊外電車で西広島、そこからしない電車で宇品港へそこからポンポン船。当時はしだて丸、と千代の丸と二船いた。いずれにしても切り串、小用、秋月、飛渡瀬に着くのは日がたっぷり暮れた夜だった。

          その愛情に頭が下がる他人子供に違いないのにそこまでして私のお墓参りをさせてくれて美味しい物をたくさん用意してもてなしてくれた、一族のことをこの愛情はどうして継続出来たのだろう。おじいさんおばあさん、娘さん、孫三代に渡って愛しんで貰ったこのご恩返したくっても、今お墓に名前が刻まれているだけ懐かしんで手を合わせるしかすべわない。
          有り難うございます。私も心を共にする子供達に愛情を注いでいきます。
          誤字があったらごめんなさい。クリーンキャンペンにいってきます。
          | - | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
          今日平和記念資料館に行き保存会のイベントに参加しました。
          0
            被爆建物の保存会で平和活動されていることに、同じ被爆者として嬉しい限り、元気と希望をもらいました。

            船入高校の学生達の、ヒロシマの心を受け継ぎ原爆の朗読劇に心ろをうたれました。

            | - | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
            昨日墓参りに妹のところへ
            0
              姉妹本当にいいものですね。
              会えば歓迎してくれる。婿さんも本当の弟みたいお姉さん、お姉さんと妹より甘えてくれる。田作りの冷やしうどん海老天入り、美味しいカレーでもてなしてくれた。
              確かに戦後は私が主役だったが今は妹が全てを支えてくれている。お墓のことも命日の法事や月参りのことも含めて、私はただ招かれて参列するだけ、考えて見ると私は本当に幸福者、だからなにも考えずボランティアに集中できる。

              この妹夫婦に我が一族の行事すべて任せきり。いい顔してるでしょう。
              私の誇りでもあります。感謝
              | - | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
              今日墓参りに来てきました。
              0
                父母や兄弟亡くなった御霊に冥福を祈り、昔を忍びいっぱい語りかけ今生きてることに感謝の気持ちで今を一生懸命に生き抜く約束をしました。
                本当に兄は学徒動員でわずか13才学徒動員で犠牲になり母は77歳、弟は癌に置かされ原爆症で61歳 、父は焼け野はらを一番歩いたのに86歳まで、墓標に刻まれた年を思いだし、見送ったあの日がよみがえる。
                私はははよりも2年長生きしてる。
                それも元気で活動できる。
                考えて見ると色んな病に襲われ4年近くも入院,退院を繰り返しながらも今日常生活人並みにできている。本当に感謝してます。
                今日も大自然の中でトマトを取ったりキュウリを取ったり新鮮なうちに沢山食べて見も心もリフレッシュ、色んな花にかこまれて生きてる喜びを満喫した1日でした。
                | - | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                決意しました。
                0

                  私は心臓の病でステントが3本入っているので、保険に入るには、現在の病気に

                  関連すれば条件ず付きでないと入れない。

                  旅行保険に入れなかったら万一の時、家族や関係者に多大なご迷惑をおかけするので

                  断念し航空券を購入したのもキャンセルしました。

                  しかし大恩ある順子先生が余命宣告をされ、日増しに言葉が難しく会話が出来ない

                  それでもあんた―どこにおるん何度も聞き新幹線に乗って関空から来れるよ

                  来てね会いたい、朝、話した事がお昼には忘れるほどなのに、広島から―シドニー

                  までの経路ははっきり覚えてて私に聞かせる。

                  明日市民病院に行って10月の検査を速めてもらう、

                  そして心臓の主治医が許可して下されば今月中に出発する。

                  私にとっては師であると共に親、姉妹に等しく掛け替えのない人です

                  意識があるうちにもう1度あっておかないときっと一生後悔する。

                  私の体が無事念願をかなえてくれることを祈りいざ出発。

                  揺るがぬ信念に体が付いてきますように:::

                   

                   

                  | 平和 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                  頑固な私の母
                  0
                    今日は兄の命日とかってに母が決めた日。
                    当時市立商船学校の生徒195人は今の平和公園敷地内の材木町で、全員犠牲になったといわれ、皆、命日は8月6日になっているのに。母だけは兄の命日を7日にして墓標を建て。戒名にも7日にした。
                    原爆で殺されたのではない、1日生き延びて私を探してくれた。
                    今日もお寺さんが兄の命日としておまいりに来た、そこへ私の長男が用事で出向いてお経に間に合いお参りしてきたと言う。
                    私は昨日、平和公園の材木町の石碑に手を合わせてきた。
                    妹は母の意をくんで今でも、7日参りをつずけている。どちらにしても兄の命日は心の中にあればいい。
                    しかし真実は6日に違いないのに、妹に止めろとは言えない、
                    思い出に浸り手を合わせる日は毎日でもいいと思うから ……
                    | - | 03:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                    昨日の写真
                    0
                      河内の小学校の校長先生は本当に平和の同士。
                      平和教育に熱心なのには感服します。有り難うございます。
                      そして感謝してます。
                      | - | 21:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
                      • 1/173PAGES
                      • >>